必見!生前整理をお薦めする3つの理由

ここ数年、少子高齢化の進展に伴い「生前整理」という言葉が注目されています。 生前整理とは、自分が生きているうちに年齢や環境の変化に応じて身辺を整理することです。整理する対象は、財産・不動産・家財・健康・保険・遺言書など様々です。 今回の記事では、中高年の皆さんに生前整理をお薦めする3つの理由をご紹介します。

■理由①:自分の意志を整理の作業に反映できる 生前整理は、あなたが生きているうちに行います。そのため、自分の意志を整理の作業に反映させることができます。自分の死後に行われる遺品整理では、遺言書などである程度の意向を示すことはできますが、基本的には残された遺族の判断になります。もしくは、専門の業者によって遺品整理が行われることもあるでしょう。 一度きりの自分の人生を歩み、老後を迎え、最期には亡くなります。長い人生を送ってきた中で、あなたの身の回りには整理すべき事柄が沢山あるのではないでしょうか?それらの一つ一つを自分の意志で整理し、すっきりとした気持ちで残りの人生を送ることは、あなたの人生を有意義なものにしてくれるでしょう。

■理由②:自分の人生を振り返る機会を得られる 生前整理をすることで、自分の人生を振り返る機会を得ることができます。どんな仕事をして、どんな趣味を持って、どんな財産を築き、家族や子供たちどんな関係を築いてきたのか。特に個人的な所有物や家財道具の整理を行うと、自分の人生を振り返る良い機会になります。まだ元気なうちに生前整理をすることで、その時点までの自分の人生を棚卸しすることができ、残りの人生でやりたいこと、やるべきことが見えてくるものです。子供が独り立ちしたタイミングや、自分が定年退職したタイミングなどで、一度、生前整理をしてみてはいかがでしょうか?

■理由③:自分の死後に愛する家族に負担を掛けずに済む 生前整理をすることで、自分の死後に愛する家族に掛かる負担を小さくすることができます。遺族が行う遺品整理の作業は、最愛の人を失った悲しみが癒えない内に行われることも多く、精神的にも大きな負担になることがあります。 故人の持ち物の整理については、思い出もあり、遺族が簡単に捨てることはできないものです。しかし、いつまでも全ての物を保管しておくこともできないでしょう。また、財産・不動産・保険などの扱いについては、しっかり遺言書を残すことで、残された遺族の心労の元にならないように配慮したいものです。

■まとめ 今回の記事では、生前整理をお薦めする3つの理由をご紹介しました。いつか訪れる人生の最期の日を心安らかに晴れやかな気持ちで迎えるために、そして残された家族への負担を最小限にするために、ぜひ生前整理に取り組んでみてください。 当社(遺品整理サービス)では、皆様の生前整理をサポートするサービスを提供しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA